妊娠前の体作り

妊娠・出産は女性の人生の中でも最も大きな体の変化を経験する出来事です。

自分1人だけではなく、赤ちゃんのことも気遣って生活をしていく必要があるので、できるだけ健康な状態で妊娠期間を過ごすようにしましょう。

また、すぐにでも赤ちゃんがほしいと思っていても、体調が悪ければ妊娠しにくくなってしまい、なかなか赤ちゃんを授かることができないということもあります。

元気な赤ちゃんを産むためにも、妊娠前の体づくりはとても大切なものになってきます。

女性の社会進出と妊娠
最近の女性は結婚後も仕事を辞めずに結婚前と変わらずバリバリ働く人も増えています。

女性の社会進出はとても良いことですが、仕事が原因で起こるストレスには注意が必要です。

ストレスは女性ホルモンのバランスを崩す原因のひとつにもなっています。

過度なストレスはホルモンバランスを崩し妊娠の妨げにもなってしまうので、できるだけストレスをためないようにし、休日はしっかりと休みをとって上手にストレス解消をすることをおすすめします。

妊娠中の運動不足
また、運動不足は肥満や血行不良を招きやすくなってしまいます。

肥満は高血圧の原因ともなるので、妊娠後に妊娠高血圧症候群になりやすいともされています。
妊娠高血圧症候群になると、お母さんの体だけではなく赤ちゃんにも悪影響を与えてしまいます。

妊娠中の冷え性
そして血行不良は冷え性の原因となります。
冷え性がひどくなると、子宮や卵巣の機能が低下してしまうので妊娠しにくい体になってしまうこともあります。

妊娠前にはできるだけ体を動かすようにして、肥満や血行不良などの予防に心がけましょう。

妊娠中に絶対とりたい栄養素 葉酸
妊娠前の女性にすすめられているのが、葉酸の摂取です。

葉酸とはビタミンB郡の一種で、無脳症や二分脊椎等の先天異常から赤ちゃんを守る効果がある栄養素です。

また、造血効果があるのでお腹の中の赤ちゃんが栄養不足になることやお母さんが貧血になることも予防することができます。

このように妊娠中にとても心強い葉酸ですが、妊娠初期から必要となってくるため、妊娠してから慌てて摂り始めても遅いと言われています。
できれば妊娠を考え始めたらすぐにでも葉酸を積極的に摂るようにしましょう。

ところが調べてみると、妊娠前だけではなく妊娠してからも葉酸は非常に有効な栄養素で積極的にとった方が良いもののようです。

最近は葉酸サプリなどもたくさん登場しています。
葉酸サプリだったら毎日決まった量を飲むだけなのでとても簡単です。

仕事と家事の両立で忙しい毎日を送っていると、ついつい外食をしてしまったりファーストフードに頼ってしまったりと、葉酸のことまで考えた食生活を送るのが難しいものです。

そんな時には、葉酸サプリの力を借りて妊娠前に必要な量の葉酸サプリを摂るようにしましょう。