妊娠中の体重管理で気をつけていたこと

「妊娠したのだから、赤ちゃんのためにもたくさん食べるようにしなくちゃ。」

「赤ちゃんがお腹の中にいるのだから、体重が増えても気にすることはないわ。」

そんな風に思って、何も考えずどんどん食べてしまったりしていませんか?

妊娠中の体重増加のリミット

妊娠中はどれぐらいまで体重が増えていいのか、知ってますか?

妊娠するとお腹の中では毎日のように赤ちゃんが大きくなっていきます。
更に羊水、胎盤、血液などの量が増え、乳房も大きくなります。

ですからもちろん妊娠すると体重は増えますし、必要なことでもあります。

でも、だからと言って限りなく体重が増えていいということにはなりません。

妊娠後期に赤ちゃんが十分育つ頃の母体の体重増加量の目安は、8キロから12キロ前後と言われています。

これ以上体重が増えてしまうと妊娠高血圧症や難産など、様々なリスクが高くなってしまいます。

反対に体重増加量が7キロ未満の場合は、低出生体重児になってしまうリスクがあります。

妊娠中はできるだけ体重管理をして、妊娠中や出産時に起こるトラブルを予防するようにしたいものです。

妊娠中のダイエットはおすすめしない

体重管理と言っても、過激なダイエットはおすすめできません。
食事を減らしたり抜いたりすることは、赤ちゃんに栄養が足りなくなるだけではなく、お母さんも貧血を始めとした様々な体調不良を起こしやすくなってしまいます。

規則正しい生活を送り、3回の食事を決まった時間に食べるようにしましょう。
赤ちゃんの成長に必要とされている葉酸などの栄養素は食事だけでは十分に摂るのが難しいものです。

時には食事と共にサプリで栄養を補うこともおすすめです。

妊娠中はどうしても偏食になりがちです。『突然フライドポテトばかりを毎日食べたくなった』というある女性の話を聞いたこともあります。

たまには好きなものを食べてストレス解消をするのも大切なことですが、普段の食生活はできるだけバランスの取れたものにし、肥満や便秘などのトラブルを招かないようにしたいものです。

妊娠中のダイエット 運動

もう一つ、妊娠中の体重管理として大切なものに運動があります。

運動をすることで肥満を防止でき、便秘や血行不良の改善にもつなげることができます。
もちろん、運動と言ってもジョギングなどのハードなものではありません。

体調の良い時にウォーキングをしたり、安定期に入ったらマタニティスイミングやマタニティビクスなどを始めてみるのも良いでしょう。

適度に身体を動かすと体重管理だけではなく、ストレス解消をすることもできます。
ホルモンバランスの乱れによって気持ちが沈みがちになりやすい時期ですから、軽い運動をして明るい気持ちで毎日を過ごしましょう。